Archive for 8月, 2016

豊島区駒込のスケルトン全面リフォーム⑭

木曜日, 8月 11th, 2016

住設機器を設置していよいよ完成です。

IMG_7928 IMG_7931

防音ルームは趣味の楽器を心置きなく演奏していただけるようにLIXILの内窓『インプラス』を設置しました。『インプラス』のガラスの厚みを変えて音が共鳴しなようする事で防音効果が高めて周囲への音漏れに配慮しております。

 

IMG_7960

1階のトイレはLIXIL『サティスSタイプ・手洗いカウンター付き』を取付けてスッキリとしたお掃除のしやすいトイレ空間に仕上がりました。

 

IMG_7954  IMG_7985

LIXILコンポーネントキッチン『ティオ』です。

 

IMG_7956  IMG_7955

ユニットバスはLIXIL『スパージュ』1620サイズです。アクアフィールの片湯とジェットバスで快適な入浴を満喫いただけると良いですね。

 

IMG_7959  IMG_7958

ユニットバスの扉は開口が950㎜もある2枚引戸です。

IMG_9896

洗面化粧台はLIXIL『ルミシス』にトールキャビネットをセットして収納も充分です。

IMG_7973 IMG_7970

木製建具はお客様のご希望でパナソニックの『VERITIS』の枠材をウォールナット、扉材をホワイトオーク柄のコンビネーションになっております。リビングと洋間の建具は2枚引込戸で開放感のある空間になります。

 

 

豊島区駒込のスケルトン全面リフォーム⑬

木曜日, 8月 4th, 2016

1階のキッチンの組立です。

IMG_7849

吊り戸棚とレンジフードを先に取付けます。

IMG_7851

2階のキッチンがメインになるので、1階はコンパクトなLIXIL『ティオ』を御採用いただきました。

 

IMG_7854

この後も内装工事が続くので養生をして完成です。

IMG_7862  IMG_7911

クロス下地調整のパテ掛け作業です。この作業をしっかりとする事でクロスの仕上がりに差が出て来ます。後で見えなくなる部分が大切なんですね。

 

IMG_7887  IMG_7913

必要な寸法をセットして機械でクロスに糊を付けていきます。

 

IMG_7906  IMG_7937

防音ルームの壁紙が完成しました。

IMG_7866   IMG_7868

トイレの壁紙と床のクッションフロアーも貼り終わって、いよいよ設備機器を取付けて完成になります。

 

 

豊島区駒込のスケルトン全面リフォーム⑫

火曜日, 8月 2nd, 2016

防音ルームの天井は音の反響を考慮して大建工業の吸音板『クリアトーン』で仕上げます。吸音板は仕上げ材になるので、汚れが付かないように新しい手袋をして慎重に作業を進めていきます。

IMG_7773     IMG_7769

 

IMG_7793

防音ドア枠を取付ける下地です。

 

IMG_7808   IMG_7795

ダウンライト用の穴を開口しておきます。

 

IMG_7812   IMG_7821

分電盤の移設です。電気配線も確認しながらブレーカーに接続します。

 

IMG_7830   IMG_7832

ヒビが入っていたガラスも交換しました。

 

IMG_7831   IMG_7834

アルミが腐食していた窓のレバーハンドルもパーツの在庫があったので新しいハンドルに交換しました。

 

IMG_7845   IMG_7844

以前増築した瓦棒屋根の天井裏にも断熱材を充填して断熱効果を高めます。これでリフォーム前よりもエアコンの効きが良くなるといいですね。

 

 

 

 

豊島区駒込のスケルトン全面リフォーム⑪

月曜日, 8月 1st, 2016

温水式の床暖房パネル工事です。

IMG_7572   IMG_7745

ノーリツ製の床暖房パネルを敷き込みます。ミドリのテープが貼ってある部分のみフローリングの釘を打つ事が出来ます。通常のフローリング工事より床暖のフローリング工事は大工さんも気を遣う作業になります。

 

IMG_7576   IMG_7575

床暖パネルが傷付かないように養生を敷いて9㎜の床暖パネルを敷かない部分がパネルと同じ高さになるように9㎜のダミー合板を貼っていきます。

 

IMG_7818  IMG_7857

床暖パネルには温水を循環させるパイプが入っているのでそのパイプに傷を付けないように細心の注意を払って緑色の釘うちマークに合わせてフローリングを釘を打ち、貼っていきます。パイプが傷んでいないかはパイプに圧を掛けてメーターで確認します。大工さんもいつも以上に慎重な作業になるので大変ですね。